ザリガニ日記

外資系の製薬企業で働く会社員Ranのブログです。主に英語の勉強法について書いていこうと思っています。時々雑多なことも書いてみようかな。

MENU

句動詞で口語表現を広げる

こんにちは、Ranです。

今日も話題は単語関連ですが、ちょっと角度を変えた話題です。句動詞についてです。

 

句動詞とはなんでしょう?  Wikipediaによると、以下のように記載されています。

句動詞とは、英語において、「動詞+副詞」または「動詞+(副詞)+前置詞」によって構成され、特別な意味を生じ、まとまって1つの動詞のように機能する定型のフレーズ。例えば、 "get up", "take off", "look forward to", "carry out" などが該当する。

 

私の過去のエピソードですが、以前私が英会話学校に通っていたときに、「Ranさんの話し方は、今までの生徒の中でとてもフォーマルで固い話し方をする。まるで論文を読んでいるようだ」と言われたことがあります。当時は基本的に科学論文ばっかり読んでいて、単語もフレーズも論文から覚えた表現が多かったです。その結果、英会話で出てくる単語、フレーズも論文表現にひきずられてしまっていたのです。

私の言葉遣いがこんなにカチコチだったとはつゆ知らず、そんな風に先生から思われていたと知り、大きなショックを受けました。ビジネスミーティングであれば、「カチコチ表現の日本人が喋っている」くらいに思われて許容されるものかもしれません。一方で、同僚とランチをしたり、旅行中の英会話といったシチュエーションではもっとその場にふさわしい、カジュアルな言葉使いができるようになりたいと思うようになりました。もっともっと改善できる分野がある、そんな必要性を痛感したエピソードです。

このような背景から、私は特に英会話時に使える表現力のアップを目指して、句動詞を一括して覚えてしまうことにしました。そんな私のニーズに合った教材に出会うことができましたので、今回ご紹介したいと思います。現在進行形の取り組みです。

 それでは、どうぞ。 

続きを読む

【mikan】圧倒的に速く覚えられる英単語帳アプリ

こんにちは。Ranです。

前回のエントリーに引き続き、英単語帳関連についてのブログです。

 

前回では、Word Engineでの取り組みをご紹介しました。今回は、スマートフォン専用のアプリである「mikan」について紹介したいと思います。タイトルにも書いた通り、「圧倒的に速い」が売りのアプリです。

今はWord Engineでの単語学習がメインですが、Word Engineに出会うまではmikanをよく使っていました。速さ・軽快感、1回の学習で多数の単語に触れられるという点において、mikanは英単語帳アプリの中でトップレベルだと思っています。

 

詳細を下記に紹介したいと思います。

それでは、どうぞ。

 

続きを読む

【英単語】ボキャビルの仕上げに向けて

こんにちは、Ranです。

今日は私の英単語の取り組みについて書いてみたいと思います。

 

単語の重要性というのは、皆さんもう既に十分実感されていることと思います。英語で仕事をするにも、洋書を読むにも、英文ウェブサイトを見るにも、英会話をするにも、語彙力は密接に関わってきますよね。諸説あるようですが、「1文に知らない英単語が3つ出てくると、その文章の意味はとれない」といったようなことも皆さんどこかで聞いたことがあるかと思います。

語彙の重要性が分かっている一方で、単語を増やすのは根気のいることですし、ある意味終わりが見えない性質の取り組みですから、モチベーションの管理は難しいですよね。「どれだけ単語を覚えたらいいの? 」と、どの時点で区切りをつけたらいいのかも迷いどころの一つだと思います。

 

今回は、語彙力を増やすために最近取り組み始めたおすすめのオンラインアプリについて紹介してみようと思います。

 

それでは、どうぞ。

続きを読む

Googleアラートを活用した英語記事の収集

こんにちは、Ranです。

今日は、自分が興味ある分野の英語記事の集め方について書いてみたいと思います。

 

皆さんはどのように興味のあるトピックについて情報収集していますか?

多くの場合、Googleやヤフーなどの検索エンジンを使ってキーワードを検索すると思います。

 

私はよくネットサーフィンをしていまい、余計なサイトに寄り道する癖があります。しかもそういうときは、あっという間に時間がたってしまいます(汗)。

定期的に一定量の記事を集めたい、読みたい場合のオプションとして、Googleアラートという機能を紹介したいと思います。

 

興味のある分野にフォーカスして、ムダなく・モレなく、寄り道もせず、記事を読みたいときにはどうするか? ついでにそれを英語で読みたい! 

そんな時に、Googleアラートの出番です。

それでは、どうぞ。

続きを読む

オンラインの英語記事を読む

こんにちは、Ranです。

今日は私がよく閲覧しているオンライン英語ニュースサイトについて書いてみたいと思います。

 

英語に慣れる、英語に触れる機会をふやすため、英語のニュースサイトなどにチャレンジする人は多いと思います。私もその一人です。 

ただ、オンラインサイトは無限といっていいほどにたくさんのサイトがあるために、どれを読んでいけばいいか迷ってしまうこともあると思います。

海外のニュースサイトは日本のニュースサイトと比較して、1記事あたりの分量が多い印象があります。また、英語のニュースサイトは、有料だったり、月当たり10記事までは無料で、その後の閲覧は有料といったような記事数制限付きのサイトも多いです。

 

そのようなオンラインサイトの中で、私は以下のような基準で、英語ニュースサイトを閲覧しています。①1記事あたりの記事が長すぎないこと、②日本関係のニュースを取り扱っており、なじみのある話題を取り扱っていること、③無料であること。

 

以下にこの条件を満たすオンラインサイトをまとめました。

それでは、どうぞ。 

 

続きを読む

医学薬学関係者向けのオンライン辞書・発音サイト

こんにちは、Ranです。

今日は、医学・薬学に関連した辞書・発音関係の検索法について書いてみたいと思います。

 

私は、外資系の製薬企業に勤めており、外国人の同僚と話したり、英語で電話会議に参加したりする機会が多くあります。

その中でも特に苦労するのが医学関連の英単語です。

組織や臓器の名前、病名、症状名、検査値、医薬品名、医薬品の作用機序など、その業界ならではの単語がたくさん出てきます。単語としての意味が分かっていても、発音が分からなくて、英会話時にうまくコミュニケーションが取れなくなってしますこともたくさんあります。さらにそれが会話で続けざまにまくし立てられると、何が何だか分からなくなってしまいます…。

医学用語はラテン語ギリシャ語を語源とするものが多く、単語の字面だけ見てカタカナ英語発音をしてもだいたい間違えます。同時に、外国人が何言ってるのかも分からなくなります。お手上げです。

 

最近の辞書(アルク英辞郎Weblio)などでは、ずいぶん医学用語がカバーされるようになり、何かと助けになっています。その一方で、それでも見つけられない単語があるのも事実です。そんな時、私がどのようなツールを使って医学薬学関連の語句を深掘りしているかをご紹介したいと思います。

それでは、どうぞ。

続きを読む

Kindleで洋書多読

こんにちは。Ranです。

4月に突入しましたね。新年度が始まるなーと思う同時に、もう2017年の4分の1が過ぎたんだなー、と感じます。

これをいい機会として、私はこの3か月の振り返りと、英語の短期および長期目標の見直し、今後の取り組みを考えていきたいと思っています。

 さて、今日のトピックです。今日は電子書籍リーダーの一つである、Kindleについてのブログです。

私は、この2年ほど、Kindleを使っています。その感想と、英語学習にKindleをどう活用できるかについてメリット・デメリットを踏まえながら紹介したいと思います。

 それでは、どうぞ。

 

続きを読む