ザリガニ日記

外資系の製薬企業で働く会社員Ranのブログです。主に英語の勉強法について書いていこうと思っています。時々雑多なことも書いてみようかな。

MENU

【英単語】目標とする語彙数の設定

こんにちは、Ranです。

 

今日は私がこれまでに行ってきたボキャビルの流れについて書いてみたいと思います。
私が社会人になり、英語を真剣に勉強しはじめから、かれこれ7~8年になります。(7~8年といっても、途中でさぼり気味な時期もあったのは秘密です)その過程で、集中的に単語を覚える時期を設けていました。

 

新しい単語に出会う度に単語を調べて、記憶するということを基本的な単語学習として定期的に行っていました。ただその一方で、あらゆる場面で語彙力そのものの低さを実感する機会がありました。とりわけ、英会話の時にはそれが顕著でした。知らない単語が聞き取れない、言いたい単語が日本語で頭の中にあるのに、それが英語で出てこない、などです。

 

今は13,000単語を一つの目標にボキャビルに取り組んでいます。

今回は、

① 13,000という数字を設定した背景について

② この単語数に到達するために用いた、用いている教材について

紹介したいと思います。

 

それでは、どうぞ。 

 

単語の根拠

まず最初に、語彙力がどのような水準に位置するかを簡単におさらいしたいと思います。

文部科学省のウェブサイトによると、

  • 中学校卒業時:1,500~1,600語
  • 高校卒業時:3,000語 

が到達すべき目標単語数とあります。

 

また、英検の出題語彙数を参考にすると、

  • 3級:2,100
  • 準2級:3,600
  • 2級:5,000語
  • 準1級:8,000
  • 1級:15,000

が目安だそうです。また、5000語の語彙力があれば、TOEICのリーディングパートが問題なく読める、という数字もあるようです。

 

本エントリーの冒頭で、私の目標単語数を13,000語と紹介しました。主に下記の2つの理由からこの数字を設定しました。ただし、この単語数は科学的根拠や文献などに基づいて設定した目標ではなく、私が自分に納得させるために設定した目標です。(どこかで単語学習に一定の区切りを付けたい、と思っていたので...)。ですから、何かしらどこかで公式に推奨されている数字ではありませんのであしからず。

 

①Word Engineで提供される単語数

今私は、Word Engineで単語学習に取り組んでいます。

 

www.zariganinikki.com

Word Engineでは、「カバレッジ」という考え方が紹介されています。カバレッジについては、こちらのページが詳しいです。一部抜粋します。

研究によれば、97%のカバレッジというのが、英語の本やウェブサイト、新聞、雑誌などを読み基本的な理解を得られるか否かの一つの重要なポイントとなっています。しかし、それらを楽しくかつ正確に読むためには、97%以上のカバレッジが理想的とされています。

Word Engineで提供されている単語が13,384語ですから、これを99%~100%でカバーできれば、13,000語程度に到達できるだろうと考えました。

 

② Test your vocab

Test your vocabという語彙力測定ができる海外のサイトでは、以下のテスト結果を公表しています。

  • 成人のネイティブの語彙力:20,000~35,000語
  • 8歳のネイティブの語彙力の平均値:10,000語
  • 4歳のネイティブの語彙力の平均値:5,000
  • 非ネイティブの語彙力の平均値:4,500語
  • 非ネイティブで、語彙力が10,000語以上ある人は、海外在住の経験の傾向があった。

testyourvocab.com

 

語彙力の程度については、ウェブ上にあるものだけでも、多様な数字が述べられていますし、確定的な数字も結論も出せませんが、ひと通り数字をご紹介してみました。

Word engineで学習できる約13,000語を少なくともカバーできれば、8歳のネイティブ程度の語彙力と成人ネイティブの最小値(20,000語)の間くらいに位置できるかなと考えました。英検で言うと準1級~1級の間くらいの感じです。(こう考えると、英検1級でもネイティブと比較したらまだまだに見えちゃいますね...。)

以上が13,000語と設定した背景です。

なお、1万語レベルを超えてくると、なかなか良い単語学習用の教材(書籍・オンライン含む)を見つけることもできませんでした。ですからWord Engineでの学習を一区切りにして、その後は読書や新聞記事などを通じて実践的に単語を積み上げていくことが現実的かなと思っています。

 

英単語の取り組み

私がこれまでに取り組んできた、また今取り組んでいる教材を紹介します。 

第1期:Duo 3.0とTOEIC英単語スピードマスター

こちらの2冊については、以前のエントリーで紹介しました。この2冊でまず基礎的な語彙を身に付けました。 当時はTOEICの点数を劇的に上げてくれるのにも役立ちました。

www.zariganinikki.com

 

Duo 3.0で、現代英語の重要単語1600語と重要熟語1000語を、TOEIC英単語スピードマスターで、TOEICに頻出の3000語をカバーできます。この2冊でどれだけお互いの単語がオーバーラップしているかは分からないです。ごめんなさい。

 

第2期:TOEFLテスト英単語3800 4訂版

こちらもTOEFL対策として有名な教材だと思います。

www.obunsha.co.jp

Duo 3.0とTOEICスピードマスターだけでは物足りなくなってきて、こちらに手を出しました。TOEFLとIELTSの受検にも興味が出てきて、更なる語彙力アップ、英語の下地を固めたいと思って取り組みました。

最初の頃は書籍ベースで勉強していましたが、その途中でmikanというアプリに出会い、mikanのアプリの中で、この教材を勉強していました。mikanについては下記のエントリーで詳細を書いています。

 

www.zariganinikki.com 

 

第3期:「Word Engine」と「英語はもっと句動詞で話そう」(現在進行中)

現在新たに取り組んでいる2つの教材です。

Word Engineについては、下記のエントリーを参照してください。こちらのソフトで提供されている、13,384語の単語が私の目標の根拠の一つとなっています。

 

www.zariganinikki.com

 

「英語はもっと句動詞で話そう」については、口語的表現をもっと充実させたいという思いから勉強を開始しました。下記エントリーに詳細を書いています。英会話時を想定して、堅すぎずフランクすぎない表現のバリエーションを身につけていきたいと思っています。 

 

www.zariganinikki.com

  

英語はもっと句動詞で話そう」では、難しい単語は取り扱っていませんから、13,000語以上の語彙に上乗せを期待するものではないです。そのかわり、基本的な動詞と前置詞の組み合わせで、一語動詞の表現のバリエーションを広げてくれる役割を担ってくれると思います。

 

終わりに

今回は、私がなぜ13,000語という数を設定したのか、その背景と到達に向けての取り組みを紹介しました。

 

ボキャビルについては様々な取り組み方があると思います。情報もウェブ上にたくさんありますから、お好みのものを探してみてください。

個人的には、アルクの究極の英単語シリーズも面白そうかなと思います。1冊あたり3000語を含む単語帳が、レベルに応じて4冊のシリーズとして提供されています。4冊で計12,000語です。ただ、私は違うルートを辿ってしまっているので、今のところ手を出せずじまい。。。

 

また、こちらも面白そうだと思います。こちらも日向清人氏の著作です。

クイズでマスターするGSL基本英単語2000

話し言葉の90%、書き言葉の80%をカバーするコア・ボキャブラリー

GSLはA General Service List of English Words(幅広く使われている英単語のリスト)を省略したもので、ノンネイティブが必要とする英単語を整理・集約し、効率的教授・学習を可能とするために制作されたものです。本書は、GSL約2,000語を単に覚えるだけでなく、縦横に使いこなすことを目的としています。収録単語を頻度順に配列することで効率的な学習を可能にするとともに、約4,000の例文をすべてクイズ形式にすることで深い学習を可能にしています。

とあり、ボキャビルの最初期に取り組むとよさそうです。

 

語彙力アップの取り組みはなかなか終わりの見えない作業なので、どこかで区切りを付けたいなとずっと思っていました。この目標をクリアした後は、医学関連の単語を充実させること、英会話のスピーキングに使える単語数を増やすことが目標です。

 

今回は長々と語彙力についていろいろ書いてみました。

それでは、また。