ザリガニ日記

外資系の製薬企業で働く会社員Ranのブログです。主に英語の勉強法について書いていこうと思っています。時々雑多なことも書いてみようかな。

MENU

【医学・薬学向け】英語で学ぶYoutubeチャンネル

こんにちは。Ranです。

今日は、映像で楽しく英語を学べる医学・薬学向けのYoutubeチャンネルについて紹介したいと思います。

 

私は大学時代に薬学を専攻しており、日本語で生物学・化学・薬学などを学んできました。今は外資系の製薬会社で働いていますが、未だに医学・薬学関連分野での英語コミュニケーションは苦手です。その大きな理由の一つには、カタカナでいろんな専門用語を覚えてしまっているところにあると考えています。日本語のカタカナ発音と英語の発音・アクセントが違うことは多々あるため、専門用語の正しい英語発音への変換・チューニングが必要だとひしひしと感じています。

 

そんな悩みを解決できると思って時々視聴しているYoutubeチャンネルです。

それでは、どうぞ。

 

医学・薬学向けの英語Youtubeチャンネル

CrashCourse

www.youtube.com

 

CrashCourseとは、様々なジャンルのトピックを解説する教育的なYoutubeチャンネルです。基本的に一人のナレーターが、ある特定のトピックを説明する形式で番組は進んでいきます。1番組あたりおよそ10~12分程度の長さのものが多いです。

ジャンルは多岐にわたっており、20以上のジャンルに分かれて番組が提供されています。ジャンルの一部を次に示します:「World History」、「Biology」、「Ecology」、「Literature」、「US History」、「Psychology」、「Economics」、「Games」など。

 

その中で、私は下記の3つのジャンルをよく視聴しています。

この番組のいいところは、

  • 番組一つ一つがしっかり作りこまれており、勉強になる
  • 番組内のアニメーション、イメージ図、説明が非常にわかりやすい
  • 英語字幕が利用できる
  • 専門分野の語彙を音と映像イメージで学ぶことができる

という点だと思います。

学問の内容としては大学教養~専門課程の初期程度の内容なので、自分の専門分野など、前提知識があるジャンルを中心に視聴すると理解しやすいと思います。

一例として、Anatomy & Physiologyのジャンルにある「Immune System, part 1」のビデオを紹介します。

www.youtube.com

 

一度ご覧頂くと分かると思いますが、ナレーターの説明はかなり早口で、一回できちんと聞き取って理解することは難しいと思います。英語字幕が提供されていますので、字幕付きでまずは内容を確認して、繰り返し内容を理解するようにしていくとよいです。

番組の内容自体が分かりやすく、アニメーションも作りこまれているため、学問そのものとして興味深い内容になっています。特にこのかわいいアニメーションが私は気に入っています。1番組あたりおよそ10~12分程度の長さのものが多いので、気軽に見ることができると思います。

 

CrashCourseは英語字幕が表示されますので、ディクテーションにも活用できます。シャドーイングの教材にするのもいいでしょう。専門分野の内容で、関連語彙とともに口語的な使いまわしを学べるサイトは貴重だと思います。

本エントリーの冒頭で、カタカナ発音から英語発音へのチューニングが必要だと書きました。実際これらの番組を初見で聴いた場合、自分の理解している単語と英語の単語が結びつかず、理解できないことが多々あります。自分の仕事に関連する分野の単語についてはこの番組を通じて聴き慣れようと思っています。

 

終わりに

今回は、英語で学ぶYoutubeチャンネルのCrashCourseについてご紹介しました。

医学・薬学向けとしてCrashCourseを紹介しましたが、このサイトが提供するジャンルは多岐にわたりますので、個人の興味に応じて多方面に学びを得ることができると思います。

 

もし海外の大学で生物学や医学、化学などを勉強していたら、こんな内容の授業をうけていたのかなーなんて考えてみたりもしています。

海外の同僚はこの番組のような内容を理解し、自分の言葉で説明できると考えると、まだまだ私の成長する余地、追いつかないといけない余地はたくさんあるなと感じます。

一歩一歩、楽しみながら、勉強していきたいと思います。

 

それでは、また。